バナー

合宿免許のメリットとデメリット

車の運転免許が欲しいと考えている方は、ほとんどの方が教習所に通うことを想像しますね。免許を取るなら教習所に通うか合宿免許にするかという選択肢がありますが、教習所は自分の空いている時間に通える、ある程度教官が選べるというところがメリットといえます。

流れとしては、教習所のカリキュラムに従って、学科と実技の講習を受け、仮免を取って道路教習に出て、それからまた一定期間講習を受けて本試験に挑み、合格すれば免許取得ということになります。

早い人でも数か月はかかりますから、とにかく早く免許が取りたいという人には合宿免許がおすすめですね。



合宿免許は、一定期間何人かで免許を取るための合宿をし、一か月以内で免許を取得するというものです。

免許を取るための合宿なので、その間ずっと学科と実技の勉強ばかりしています。

とても短期間で免許を取れて、教習所に通うよりは費用が安いというところがメリットといえます。
しかし、長期間自宅に帰れないので、仕事をしている人、子供がいる人などには不向きというか、ちょっと不可能になりますね。



ですから、主に合宿免許を利用するのは、夏休みの学生さんとか仕事をしていない独身の方などになります。
教習所に通うと、ある程度自分の自由になるので、途中でだらけてしまい、嫌になって通わなくなる人もいるのですが、合宿だとそういう心配はありませんね。



ただ、短期間集中ということで結構内容は厳しく、精神的にもタフさが求められます。